07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

近隣の住宅事情に始まり...

2009.02.07 (Sat)

妻の提案で毎週末の土曜日は、ママの日/パパの日/娘の日とその日一日はそれぞれの日の人がやりたいことをやっていい日を作るようにしています。今日はママの日でした。ママの日は、普段娘と二人で大変な妻を育児から少し解放できるようにと一人でお出かけして貰うのが定番です。その間、私は娘と二人きり。

普段はあまりうろうろ出歩かないのですが、今日は気合いを入れて長距離?散歩してきました!!!気合いを入れるほどのことか!?と思うかもしれませんが、着の身着のままでなかなか歩が進まないし、疲れたら抱っこ、2歳児をベビーカーなしで連れまわすのにはかなりの覚悟が必要なのです。結局、2時間ほど歩きまわってきました^^

前置きが長くなりましたが、その道すがら撮影した写真をば。
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

23:00  |  コーポラとの出会い  |  Comment(0)

謹賀新年

2009.01.06 (Tue)


新年あけましておめでとうございます。

年末年始はお決まりの親バカ年賀状作成や実家への帰省など
ドタバタとしていて気がつくと既にお正月休みも終わり
昨日から暦通りの仕事始めとなっていました。
きっとコーポラ建設現場も動きはじめているのではないかと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少し、娘の話です。
年末年始に実家に帰省して親族との触れあいで触発されたのか
間もなく2歳の娘がますます良く言葉をしゃべるようになりました。

恥ずかしくて顔を隠すなんて仕草を見せたりもして
おんなの子度(?)がアップした印象も受けています^^
外出しても最後まで自分で歩いてくれたり
階段の上り下りをサクサクとこなすようになったりと成長著しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、昨年は公私共にひっじょ~に充実した一年でした。
仕事の話はここでは書きませんが、良くも悪くも良い経験をしました。
一昨年の冬にコーポラに当選してからの1年はあっという間でしたね。
色々な問題はありはしたものの、今では設計も現場も順調に進捗しています。

コーポラ当確の通知を受けたときには、大きな買い物をしたなとドキドキ
その反面、自分達のデザインした家を持てることにワクワク

そして年が明けていざ設計が始まってみると一番楽しみにしていた妻よりも
実は自分が一番にのめり込んでしまっていて夫婦揃ってビックリ
仕事のついでとは言え京都まで素材(無垢材)探しに出かけたりと我ながら驚きでした。

年末に、「無関心な人よりも一緒に家づくりに取り組んでくれる人で良かった」と妻に言われました。
設備の話など私が考えてくれなかったら自分ではできなかったかもとも言われました。
ホームシアターやら何やらとちとのめり込みすぎて本質を忘れてしまうことのある私ですが
このとき家族揃って一緒に家づくりできているんだという実感が感じられて嬉しかったです。

この手の話、読む側からすると単なるノロケ話ですよね。
後々に残しておきたくてブログを書いているためで、他意はございませんので悪しからず^^;


さてさて、2009年の年明けからは共用部や細部の詰めで現場打合せが増えるそうです。
今年の秋にはコーポラ住人の皆さんと新生活が始まります。
今から家族揃って完成が待ち遠しい限りでございます。

残り半年ちょっとですが心残りの無いよう精一杯家づくりを楽しみたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

23:00  |  コーポラとの出会い  |  Comment(4)

戸建てという選択1

2008.03.19 (Wed)

コーポラティブハウスとの出会い2から大分経ちましたが、その続きです。
何度かコーポラ抽選での落選を経験して、次の新規プロジェクトが出てくるまでにしばらく時間がありました。その間に新たな事業としてリノベーションという中古物件の再生事業が立ち上がってきました。
これもワールドビジネスサテライトで紹介されていましたね。(笑)
リノベーションの説明会に参加したり、実際に再生された物件を幾つか見に行ったりもしましたが、中古だとどうしてもサッシの高さが私の身長に合わず低くて暮らしにくいなぁということでリノベーションは断念するしかなく、結局、戸建てに住みたいという思いに立ち返って、もう一度、戸建てを検討してみようと言う話になったのでした。

戸建てを建てるとしたら?

やはり建売ではなくて住み良い自分達に合った家にしたいので、土地を見つけてデザインして貰うに越したことはありません。

どんな家にしたいのか?

私の希望はというと...暖かみあるアジアンテイストな家...はい、かなり漠然としたイメージです。その点、妻はというとお気に入りの建築家が居るようでかなり具体的なイメージがあるようでした。

吉村順三氏
「建築は詩」

建築家 吉村順三氏に惹かれるものがあるようで、存命であれば是非お願いしたいところでしたが、既に亡くなっているためそれも叶わず。う~ん、困った。とその頃、NHKで始まった「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で特集された建築家の方が居たんです。

レミングハウス 中村好文氏



妻曰く、この特集番組を見てこの方の建築にかける思いや実際に設計された物件が思い描いていたものに近かったので、中村氏のことを調べてみたところ、実は吉村順三氏の元お弟子さんだったことが判明しました。このときから設計して貰うなら中村さん(敢えて”さん”付けにさせて貰います)にしようと考えるようになったのでした。

その後、程無くして中村さんの設計事務所 レミングハウスへ電話してみたのですが、中村さんは超多忙で1年以上先まで予定が埋まっていて待って貰っても依頼を受けられるか判らないという状況...(泣)
スタッフの方の「まずはお手紙を書いてください」とのお言葉に、早速、思いのたけを書き綴った手紙と設計要望書なるものを作成して送付しました。それからまたしばらくして再度電話したところ、中村さん在席とのことで直接お話しすることができました。

お話させていただいた感じでは、やはり仕事は受けられないかもしれないとのことでしたが、いずれにせよ土地探しから始まるので「1年先でも良いです!!」と無理を言ってお願いしようとしたところ、それなら一度会ってお話しましょうということになりました。

続く...





テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

00:31  |  コーポラとの出会い  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。