11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

第一回支払い

2007.12.24 (Mon)


建設組合を結成した日から週末を挟んで、週明けには第一回支払いを行いました。

コーポラティブハウスの多くが支払い回数4回のようなのですが、今回の物件では全5回の支払いに分かれています。
コーポラティブハウスは、コーディネーター企業が土地を見つけて設計事務所が図面をひいて役所とかけあってこれで行ける!!と思ったところで組合員を募集します。つまり建設組合結成までに土地の購入やある程度の基本設計が終わっていることになります。既に金銭のやり取りが発生しているということなので、組合結成後すぐにコーディネーター企業から土地売買権を譲渡して貰う手続きを行ったり、設計事務所に設計料の一部を支払います。
今回の物件でも類に漏れず、コーディネート料や土地取得費用、設計費の一部を支払いました。

ちなみに、以下はこれまで企画説明会に参加してきた物件の中の一例です。

  • 第一回: 土地代/仲介手数料10%、設計監理料30%、コーディネート料40%
  • 第二回: 土地代/仲介手数料90%、建築工事費15%、設計監理料40%、コーディネート料30%
  • 第三回: 建築工事費35%
  • 第四回: 建築工事費50%、設計監理料30%、コーディネート料30%

第一回支払いは融資もなにも受けられないので確実に自己資金のみ。
概ね参考プランの総額10%程度になるようですが、この他に5~7%程度の諸費用が必要になってくるので、分譲住宅などと同様にやはり自己資金20%は用意しないとコーポラ取得も厳しそうということになります。

ちなみに住宅ローンの融資は登記が終わってからになるため、第四回支払いにしか使えません。
では、それまでにやってくる第二回~第三回(今回の物件では間に計三回の出資)の部分は、どうするかというと、「つなぎ融資」という高金利の銀行融資を使うことになります。取得した土地を担保に借りるのと住宅ローン融資で一括返済という特殊性のため、金利がべらぼうに高いのが特徴ですね。
昔の公庫融資などは融資タイミングが住宅取得後だったためこの「つなぎ融資」が必要でした。
ただ、コーポラではその借入期間が全く異なります。
公庫融資のつなぎ期間はせいぜい数か月かと思われますが、コーポラでは設計~建設~登記までの期間になるため、1年半程度の長期間借り入れることになり、借入額によっては何十万もの利息が発生してしまいます。
この無用な出費を避けるためには、出来る限り親族からの立替金などを利用するなどあの手この手を尽くして対応するのが良いでしょう。うちも色々と考えて無用な利息を軽減しようと思っています。

それからコーポラでの出資金の集金と支払い方法ですが、組合員からの入金先は建設組合を名義とする口座(組合結成時に口座開設します)で、集まったお金をその口座から支払うべき相手に振り込む形になっています。

ふぅ~、今回の第一回支払いが実行されて、本当の意味で後戻りできなくなりました。
どきどきしますね(笑)




スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

23:28  |  組合総会・手続き関連  |  Comment(0)

第一回総会~建設組合結成

2007.12.22 (Sat)

昨年12月22日、コーポラティブハウス建設への第一歩である建設組合の結成とコーディネーター企業および設計事務所との契約が行われました。第一回建設組合総会です。

この日記、1月13日に書いています。

この第一回総会では、各種契約書と重要事項の説明、事業関係者と建設組合員(入居予定者ですね)の紹介、契約書への署名捺印などが行われました。皆の懇親を深めるために懇親会付きです。
私の参加する今回のコーポラティブハウス事業には、建設組合と共に協業していただける以下のような関連会社が計10社前後参画していて、第一回総会には、その中からコーディネーター企業と設計事務所の方々が参加していました。この2社は既に名前を明かしていますのでここでは敢えて書かないことにします。

  • コーディネート
  • 融資、法務、登記
  • 審査、設計、施工、管理

さて総会ですが、第一回総会での組合員の皆さんの関心は主に契約内容でした。(まぁ、当然ですよね)
事前に見本の契約書や説明資料が手渡されていたためそれほど多くはありませんでしたが、コーディネーターさんと設計士さんからの説明の際に幾つか質問が出ていました。もちろん(?)私も発言しましたよ。それも一番多かったかも(笑)
「コーポラティブ」でググ(Geogle)ってみるとわかりますが、法整備が間に合っていないせいもあってかコーポラティブで指摘されている色々な問題に目が止まります。その中でもよくあるのが以下の2つでしょうか。

  • 音の問題
  • コーディネーター企業の役割

組合員の皆さんの関心もそこにあるのか質問の多くはこれらの問題に関連するものだったと思います。
ただ、さすがにコーディネーターさんも設計士さんもこれらの問題に注目が集まっている点は十分承知しているのか、質問には的確な回答を与えてくれていました。すでに事業関係者は認識済みの大きな話なので、私は逆にそれほど心配はしていません。あ、もちろん質問はしましたけどね。(笑)
ちなみに会合での発言はすべてコーディネーターさんが議事録にまとめてくれます。年明けに送られてきた議事録を見て自分の名前が載っているのを発見して、「あぁ、本当にはじまったんだなぁ」と感慨にふけっていたりもしています。(しみじみ) こう言った思いがこの時期に現われるのも、組合総会がありその議事が残されるコーポラ特有のものでしょうね。

第一回総会は建設組合結成の日でもありましたが、それすなわち、これから長いお付き合いとなる入居予定者の方々との初顔合せの日でもありました。この一大イベントの日が近づくにしたがって妙な緊張感を味わっていましたが、皆さん素敵なご家族ばかりでこの日までの緊張感は嘘のように無くなって、上棟・入居後の生活が楽しみでなりません。その前にまだまだやることが山積みですけどね...

あ、そうそう、建設組合結成の日でひとつだけ残念だったことがあります。
当日車だったため懇親会でお酒を飲めませんでした。(笑)

次回は支払いについて書く予定です。




テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

04:45  |  組合総会・手続き関連  |  Comment(0)

建設組合結成に向けて

2007.12.20 (Thu)

コーポラとの出会いについて書いている途中ですが、建設組合結成が近づいて来たので、少しリアルタイムな話に戻します。

今、12月22日の建設組合結成に向けて当日の持参品を準備しています。

今日は、妻の実印登録をするために市役所に行ってきました。
一度自分で足を運んでくれたんですが、実印登録には免許証かパスポートが必要だったみたいで免許を持っていない妻は作れませんでした。ということで妻と一緒にパスポート持参で再挑戦です。

それから家族写真を自分達で撮影してみました。
どんな写真かと言うと、子供を妻と私で挟んで顔をくっつけ笑っている写真です。

ふっふっふっ

何で家族写真かというと、今回の企画に参加する人達をお互いが良く知りやすいようにと、コーディネーターが組合員の顔写真を集めて何か作ってくれるみたいなんですよね。まぁあれですね、これこそがコーポラティブハウスの一つのウリである、「コミュニティー形成」の足がかりになるんじゃないかと思います。

そうなるとやっぱりすまし顔の写真を撮って着飾るよりかは、素の自分達をさらけ出した方が良いに決まっています(断定w)。その結果、こんなハッピーハッピーな写真になってしまいました。どんな写真をって指定もなかったから、きっと大丈夫でしょう。というよりも、皆がひかなきゃいいけど...




テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

23:31  |  組合総会・手続き関連  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。