04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

DIY:トイレ収納棚~完結編

2010.05.30 (Sun)

長きに渡ったトイレ収納棚製作作業が、本日ようやく終了しました。
あとは組み立て設置するだけという状態でしたが、設置場所に色々と問題があって、どう設置するか悩んで悩んで作業に取り掛かったので少し時間がかかってしまいました。主な要因は、既設の下台の精度と入居すぐに塗った珪藻土、それから下地を背面にしか入れなかったこと。これらが絡んで結構大変な作業になってしまいました。

壁の珪藻土は塗らずに残しておくという案もありましたが、棚をいつ作るか定かではないため一旦塗ってしまったのですが、結果、左右と背面の壁面は凸凹で厚みもバラバラ。そこで側板をびしっとはめられるようにサンドペーパーで削って馴らしてあげて設置可能にしました。ごほごほとむせる程の量の珪藻土の粉末が出ましたが無事設置スペース確保。

下台の話はすでに書いている気がしますが、既設の下台が高さ足らず。そのまま下台の上に収納棚を設置すると扉が便器に接触するので、下台の上に下台を...変な話です。

最後は下地の話。壁一杯の収納というリクエストに答えるためにスペース一杯に四角い箱を作って扉をつけることになったのですが、背面にしか下地を入れなかったので左右の壁はコンクリート壁。さすがに自力ではコンクリへアンカー打ちできないので、何とか下台と背面の下地に固定するためと棚の強度を確保するために、四隅に角材を入れたり枠をL字金具で背面に固定したりしました。

こちらは設置途中の写真。
トイレ収納棚の作業風景1 トイレ収納棚の作業風景2
下台の上に作る下台の前後の板と左右の側板をつけたところで、下・下台の前面パネルは外してあります。 すでに生活している一般家庭のトイレとは思えないほどの見事な作業風景ですね(笑)

こちらが完成したところ。じゃじゃ~ん。
トイレ収納棚完成
狭いスペースでの作業に、垂直・水平の精度を求めて細かく調整したりと結構疲れました。
でも苦労した甲斐あってか家具屋さんに頼んだんじゃない?位の良い出来栄えのものになりました。
ワシ、すごい!?(自画自賛)

惜しむらくはJマートで開けて貰ったスライド丁番の穴の精度がいまいちで(Jマートさんすみません)、扉の締まりがいまいちなところ。丁番の調整で直せると思っていましたが、そもそもの取り付け位置がずれているので直しようがなさそうです。うーん、今度やることがあったら穴あけも自分でやるかな...

参考までにトータル費用は33,369円也(細か!!)。

資材:20,690円 木材、銘木テープ、カット代
金具:6,800円 スライド丁番、ステンレス支柱・棚受け、木ネジ
工具:1,994円 レンタル代、チップソー、クランプ
塗装:3,885円 刷毛、洗浄液(塗料代含まず)

ちなみに下台は大工工事で色々と勉強していただいて(コミコミで)16000円強。
このサイズで家具工事にすると資材や業者さんにも依りますが10~20万位でしょうか。
今回、自作してみて家具工事ってやっぱり精度が高くてそれ相応の価格設定になっているものなんだなぁと思いました。でもそこまでこだわらないなら自作でもOKとも思いましたけどね(笑)

最後に。休日の朝からガガガガッとうるさくしてご近所の方々にはご迷惑をおかけしました。




スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

タグ : トイレ収納棚

23:40  |  家具・カーテン  |  Comment(2)

過去を振り返ってみて~サッシ編

2010.05.28 (Fri)

ツィッターでお知り合いになった方から頂いたリクエスト『住んでみての感想』がきっかけだったのですが、カーテン、ホームシアター、棚作りなどまだまだ続く家作り日記がメイントピックになっていて、そういえばコーポラに入居してからの住み心地や過去を振り返って設計時にやっておけばよかったことなど、これからコーポラにチャレンジする方のためになるような話を書き忘れていることに気が付きました。設計の話は忘れてしまいそう。そろそろ”トイレ収納棚”というタイトルも見飽きてきた頃だと思いますので、題して『過去を振り返ってみて』シリーズと『コーポラに住んでみて』シリーズ、行ってみよ~と思います。

『過去を振り返ってみて』シリーズ、一つ目のお題はサッシ

引渡しまであと半年という頃、サッシを確定しなければならなくて、ドタバタを慌てて検討していた覚えがあります。結局、プリーツ網戸はWebで写真を見れましたが、FIX+滑り出しといった特殊なサッシはスケッチを見ただけで、実物を見ないままでの決定でした。そのサッシ絡みで、2つ程、書き残しておこうと思います。

一つ目は、こちらの記事(2009.03.18 第19回住戸設計~サッシ編)でもちょっと書きましたが、書斎のサッシをもう少しじっくり検討できていれば良かったなという話。最終的に滑り出し窓+プリーツ網戸が部屋側となったのですが、プリーツ網戸の枠が予想以上に太くて存在感あり過ぎ!!内壁の面に合わせて設置されたため、圧迫感を感じさせています。サッシ+網戸選定時にもう少し時間的な余裕があれば、内開き窓+FIX網戸という別の解に辿り着いて別の空間になっていた気がします。

二つ目は、サッシ屋さんがプリーツ網戸の設置位置を相談なく決めてつけてしまったという話。これは施工の遅れで最後どたばたと突貫工事っぽく終ったので、サッシ屋さんだけがどうこうという話ではないのですが、出来ることなら相談して欲しかったですね。リビングの網戸は何度も記事にしましたが、結局、位置をずらして貰って決着がついて結果オーライ。もしかしたら、書斎のプリーツ網戸も圧迫感のないように外寄りにつけて貰えたかもと思います。自分でズラしてもいいですけどね。

ちなみに、リビングのプリーツ網戸は枠内に後からブラインドをつける予定があることがきちんと伝わっていれば、二度手間にならなかったかもしれません。書斎のものも部屋を広くみせたいという思いが伝わっていたら、取り付け時に相談してみようという気持ちが芽生えていたかもしれません。要は情報伝達ですね。どの業界でも課題は一緒。

なかなか難しいことかもしれませんが、自分達の想いは常に設計士さんや現場監督さんへ伝え続ける、これ重要。工事進捗に影響するから現場になかなか入れて貰えませんでしたが、それでも足繁く現場に通えるなら通うのがベストですね。私達は元の住まいが遠方だったので叶いませんでしたが、近くに住んでたらしょっちゅう通っていたことでしょう。現場に足を運ぶって戸建ての注文住宅なら普通のことですよね?




テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

タグ : プリーツ網戸 滑り出し ツィッター

00:10  |  サッシ  |  Comment(2)

DIY:トイレ収納棚~その10

2010.05.25 (Tue)

とうとうトイレ収納棚シリーズもその10まで来てしまいました。
いつになったら完成するのやら?

日曜日は雨。午前中のちょっとした時間で組立て設置のための準備を行いました。
まずはスライド丁番の仮止め作業。仮のつもりが本設置になりました。

Jマートで加工して貰ったいわくつきの丸い掘り込み。スライド丁番をあてがってみるとナント深さ不足_| ̄|○がくぅ。まじ!?と目を疑って何度も確認しましたが、目の前の事実は変わりようが無く仕方なく自分で何とか掘り込んでみようと、インパクトトライバーのドリルで荒削り作業開始。本来ネジ穴をあけるためのドリルなのでなかなかうまく行きません。そらそうだ。なかなか思うように行かずイライラが募り作業が段々と雑に...あっ!!!!!!と、しくじったりはしませんでしたが^^;なかなか終らず、二箇所掘り込むのに午前中いっぱいかかってしまいました。全ての穴が微妙に深さが足りなかったので少々はごまかすことにして、明らかにNGな二箇所だけ深堀して一旦終了。

このイライラ作業を引きずったままスライド丁番の取り付け作業に着手してしまったせいか、冷静さに欠けて、一箇所取り付け位置を思いっきり間違ってしまいました。せっかくここまで頑張って作ったのに、最後のツメでとんだ失態です。穴あき棚になってしまいました。

スライド丁番1

しくしく(T_T)やらかしてしまったものは仕方がないのであとで色塗ってごまかすことにします。
ここで日曜日の作業は終了。



休みが明けた翌月曜の夜。
仕事から帰って来てから残りの取り付け作業を実施。 無事、計6箇所のスライド丁番が付きました。側板に扉を仮止めしてみましたが良い感じです。

スライド丁番2

丁番の動作を確認した後、一旦、洗面所に戻しておくため扉を持ち上げてみて唖然...扉の表側が下台に使っていた合板で擦れて傷がついてしまっていました。う~ん、これも後でペイントしたら消えるかな?綺麗に作るのってなかなか難しいものですねぇ。家具屋さんの仕事の精度の高さを身を持って体験しています。あとはトイレに設置するばかりなり。週末かな???




テーマ : 家作り日記 - ジャンル : ライフ

タグ : スライド丁番 インパクトドライバー Jマート

02:00  |  家具・カーテン  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。