02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

吊り戸の補修

2012.03.14 (Wed)

1年以上放置してしまっていたトイレの扉の剥がれを補修しました。

うちの吊り戸はコストと重量の観点からほぼ全てシナ合板(かな?)に飾りテープを貼ってオスモで塗装してあります。そのうちの一つ、トイレの扉に何かをぶつけてしまったのか、テープ部分が割れて剥がれ、残念な状態になっていました。時間を見つけて自分で補修しようと思いつつすでに1年以上が経過。塗装に数時間(乾燥に12時間)必要なので、テープまで直してというと半日くらいのまとまった時間が無いと着手できないため、この3月に勤続15年休暇を取った際に意を決して補修することに(ちょっと大げさかな)。

  • まずは割れて剥がれていたテープをバリッとひきはがし
  • サンドペーパーで少し平らに
  • オスモで塗装(20分ほど放置してふき取りx数回)
  • 完成
     
    吊り戸補修①
    ①割れたテープを剥がした後
    吊り戸補修②
    ②サンドペーパー掛け後
     
    吊り戸補修③
    ③オスモ ウォールナッツ塗布中
    吊り戸補修④
    ④完成

    剥がれた部分まで飾りテープを剥がして、新しいテープに貼り替えようと思っていたのですが、模様が違うので目立つかなと思い、ひとまず欠けたところだけ塗ってみました。サンドペーパー掛けたところが平らになり過ぎてテカッてしまい、またいろんな木の面が集まった場所なので色のつき方も違って少し違和感が残りました。まぁべろーんと剥がれた状態よりはましということでしばらくこれで様子見です。どうしても気に食わなかったらテープから貼り直してみます。

    釣り戸補修風景
    吊り戸補修の風景・道具達

    刷毛を洗浄すると洗浄液などの後始末が面倒なので今回は78円の刷毛を買って使い捨てにしました。

    以上!!




    スポンサーサイト

    テーマ : 家づくりブログ - ジャンル : ライフ

  • 23:00  |  建具  |  Comment(0)
     | HOME | 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。