08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ダウンライト斜め付け電球のLED化

2016.01.11 (Mon)

昨年11月、頻繁に使うリビング・ダイニングのダウンライトの電球が切れたので、LED電球への切替を行いました。

数年前にも対応するLED電球を調べたのですが、数年経って色々と対応製品が出ているかと思いきや、ダウンライトの斜め付けLED電球はどんどん状況が悪くなっていました。
うちのダウンライトはPanasonic製の以下の二種類です。
光量が欲しいところに後者のものを調光器付きで使っていて、今回交換したのは100Wの方です。

・LB74185T(60W)  16灯
・LB74291KT(100W)  3灯

対応するLED電球を調べてみると、まず100W相当の光量(ルーメン)のLED電球そのものがどのメーカーでも生産していません。
次に斜め付け・調光器対応のLED電球を調べると、Panasonic製のエバーレッズ LDA6LE17DBH の一択のみ。

LED電球 6.4W(電球色相当) ※調光器対応 LDA6LE17DBH 生産終了
明るさ 小形電球25W形相当(370 lm)
密閉型器具対応
http://panasonic.jp/lamp/p-db/LDA6LE17DBH.html

光量的には60Wの方を代替するには良さそうなのですが、対100Wでは残念ながら光量不足の感は否めません。 しかもこの唯一のLED電球も 2014年7月生産終了 ということで、いま出回っている在庫限りで対応するものがなくなってしまいます。ネットの評判を調べると不具合を改良しながら頑張っていたようですが、いよいよ斜め付けで調光器対応の製品を作り続けることを諦めたといったところのようです。

結局、LED化するなら今しかないという状況だったので、試しに一つ購入して明るさを確認して何とか使用に耐えそうだったので残り含めLED化に踏み切りました。ちなみにこの製品でよく議論に上がっている断熱材施工器具非対応の話はうちの器具は問題なしです。

LDA6LE17DBHパッケージ クリプトン球とLED電球比較
製品パッケージ(左)と100Wクリプトン球とLED電球のサイズ比較(右)

100Wクリプトン球 斜め付けLED電球
100Wクリプトン球(左)とLED電球(右)
明るさ比較ではなく光り方を写したかったのでクリプトン球の方は消灯ギリのところまで落として撮影しています。

交換して2ヶ月ほど使用していますが、ちらつきやすぐに故障するといったことは起きていません。 明るさはやはり足りないのですが、そもそも我が家は電球色で少し暖かい・落ち着いた雰囲気のリビングにしているのでこれはこれでありかなという感じです。娘のバイオリン練習のときに楽譜が見えないと困るので梁のスポットライトの方を向けて明るさを稼いでいます。

今回交換していない LB74185T(60W) 16灯の方は、調光器非対応の斜めつけLEDは改良・販売を続けているようなので、追々交換していこうと思います。明るさはこっちの方が明るくなってしまうのですが...

LED電球 6.4W (電球色相当) LDA6LHE17BHS
断熱材施工器具対応 明るさ 小形電球40W形相当(440 lm)
http://panasonic.jp/lamp/p-db/LDA6LHE17BHS.html



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家づくりブログ - ジャンル : ライフ

タグ : LED電球 斜め付け ダウンライト

21:36  |  照明  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。